2020年06月05日

学校における消毒の方法等について

 文部科学省が、学校における消毒の方法等について関係各位に事務連絡を発出しました。
 https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html

 2020年5月22日に発出した「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」に対して、以下、新たな情報が追加されています。(新たな情報は、後日、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」追加される予定です。)

1.日常的な消毒について
@消毒薬等について
・物の表面の消毒には、消毒用エタノールや 0.05%の次亜塩酸ナトリウム消毒液*を使用します。また、一部の界面活性剤で新型コロナウイルスに対する有効性が示されており、それらの成分を含む家庭用洗剤を用いることも有効です。
・次亜塩素酸水は、「次亜塩素酸ナトリウム」とは異なるものであり、新型コロナウイルスに対する有効性についてはまだ十分確認されていません。
*児童生徒等には次亜塩素酸ナトリウムを扱わせないようにしてください。
A消毒の方法について
・児童生徒等がよく手を触れる箇所(ドアノブ、手すり、スイッチなど)や共用物は1日に1回以上、消毒液を浸した布巾やペーパータオルで拭きます。
・トイレや洗面所は、家庭用洗剤を用いて洗浄します。
・消毒作業中に目、鼻、口、傷口などを触らないようにしてください。
・換気を十分に行います。
〇エタノールを使用する際の注意点について
・エタノールを布等に含ませ、消毒対象を拭き、そのまま乾燥させます。
・揮発性が高く、引火しやすい性質があるため、電気スイッチ等への直接の噴霧は故障や引火の原因になります。
〇次亜塩素酸ナトリウムを使用する際の注意点について
・次亜塩素酸ナトリウムで消毒する際は、必ず手袋を着用します。なお、ラテックス製ゴム手袋を使用する場合はラテックスアレルギーに注意が必要です。
・手指消毒には使用しないでください。
・色落ちしやすいものや腐食の恐れのある金属などには使用しません。
・非常にアルカリ性が高く、薄めた液でも材質によっては変色や腐食を起こす場合があることから、拭いた後は必ず清潔な布等を用いてしっかり水拭きし、乾燥させます。
・希釈した次亜塩素酸ナトリウムは使い切りとし、長時間にわたる作り置きはしないようにします。
・次亜塩素酸ナトリウムの噴霧は、吸ったり目に入ったりすると健康に害を及ぼす可能性があるため、絶対に行わないでください。
・製品の使用上の注意を熟読の上、正しく取り扱ってください。
〇次亜塩素酸水の噴霧について
・次亜塩素酸水の噴霧器の使用については、その有効性及び安全性は明確になっているとは言えず、学校には健康面において様々な配慮を要する児童生徒等がいることから、児童生徒等がいる空間で使用しないでください。
〇新型コロナウイルスに対して効果が確認された界面活性剤を含む洗剤について
・効果が確認された界面活性剤を使用している洗剤のリストが独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)のホームページ(https://www.nite.go.jp/information/osirasedetergentlist.html)で公開されています。
・使用する際には、経済産業省及び NITE が作成したパンフレット「ご家庭にある洗剤を使って身近なものを消毒しましょう」(https://www.nite.go.jp/data/000109484.pdf)を参考としてください。
・手指、皮膚には使用しないでください。
・スプレーボトルでの噴霧は行わないでください。

2.感染者が発生した場合の消毒について
児童生徒等や教職員の感染が判明した場合には、保健所及び学校薬剤師等と連携して消毒を行いますが、必ずしも専門業者を入れて施設全体を行う必要はなく、当該感染者が活動した範囲を特定して汚染が想定される物品を消毒するようにします。なお、物の表面についたウイルスの生存期間は、付着した物の種類によって異なりますが、24 時間〜72 時間くらいと言われており、消毒できていない箇所は生存期間を考慮して立ち入り禁止とするなどの処置も考えられます。
消毒は上記1を参考に行いますが、トイレについては、0.1%の次亜塩素酸ナトリウム消毒液または消毒用エタノールを使用して消毒します。


 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE: National Institute of Technology and Evaluation)では、「NITEが行う新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について〜よくあるお問い合わせ(令和2年6月4日版)〜」を公開しました。
 https://www.nite.go.jp/information/osirasefaq20200430.html

Q:「次亜塩素酸水」で手指消毒を行ってもよいのですか?
A:今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、手指消毒は評価対象となっておりません。
「次亜塩素酸水」を手指や皮膚の消毒で利用することは安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、手指、皮膚での利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。
「次亜塩素酸水」の利用に当たっては、メーカー等の提供する情報等をよく吟味し、ご判断をいただければと存じます。

Q:「次亜塩素酸水」の空間噴霧は行ってもよいのですか?
A:今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、空間噴霧は評価対象となっておりません。
「次亜塩素酸水」の噴霧での利用は安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、噴霧利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。
「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと承知しています。メーカーが提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味し、ご判断をいただければと存じます。


 次亜塩素酸水を手指の消毒に活用することに関する質問主意書における政府答弁書では、以下、記述があります。
-> お尋ねの「次亜塩素酸水」については、現時点においては、手指の消毒に活用することについての有効性が確認されていない。
 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b201147.htm


 一般財団法人機能水研究振興財団では、NITE報道に対する見解を掲載しています。
 http://www.fwf.or.jp/


 ニュージーランドでは、手指消毒剤を利用する場合は、アルコール度数60%以上の除菌剤を使うよう呼び掛けています。
 https://covid19.govt.nz/covid-19/how-were-uniting/wash-your-hands/


 手指消毒用「高濃度エタノール製品」に該当する酒類の利用が、各学校で利用可能になれば良い気がします。
 今後、文部科学省・経済産業省・厚生労働省の連携が上手く機能する事を期待したいところです。
posted by Auctor at 03:06 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする