2020年06月17日

Go To トラベル事業事務局公募開始

 観光庁が、Go To トラベル事業事務局の公募を開始しました。
 https://www.mlit.go.jp/kankocho/kikakukyousou_zisshikouzi.html

 Go To トラベル事業の概要は、以下の通りです。
〇国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。
〇一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)。
〇連泊制限や利用回数の制限なし。
〇支援額の内、7割程度は旅行代金の割引に、3割程度は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。
〇開始時期は感染症の専門家の意見等も伺いつつ、検討。
〇旅行・宿泊代金の割引と地域共通クーポンの発行のための国の支援額は、1兆1248億3327万5千円
〇事務委託費は 2294億1371万3千円が上限額

 令和2年度第1次補正予算で計上された“Go To”キャンペーン事業の1兆6794億円のうち、1兆1248億3327万5千円がGo To トラベル事業に充てられます。

 電子媒体の地域共通クーポン制度の構築は、キャッシュレス決済業者と連携すればスムーズに行くかと思います。但し、9月開始のマイナポイントと組み合わせた場合は、マイナポイント予算額2000億円は、すぐに無くなる気もします。

 Go To トラベルキャンペーンは、修学旅行等の団体旅行も対象となっており、他の支援事業による補助等を組み合わせると、かなり有効に活用できる気がします。

 各自治体は、旅行者を呼び込み、地域振興を行うためにも、トラベルバブル(travel bubble)の手法を活用し、Go To トラベルキャンペーンを利用して、支援事業等を行うのが良い気がします。

 観光庁とGo To トラベル事業事務局は、各自治体や各種団体の支援情報も上手く活用し、他省庁とも連携し、旅行支援ナビ等を作成し、各地で延期や中止になっている修学旅行等も実施できるように進めていくのも良いかと思います。
posted by Auctor at 03:33 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする