2020年06月26日

エジプトの製薬会社Ramedaがアビガンのジェネリック「Anviziram」を製造開始

 エジプトの製薬会社Ramedaが、アビガンのジェネリックである「Anviziram」の製造を開始しました。
 http://ramedapharma-ir.com/

 Anviziramには、有効成分としてファビピラビル(Favipiravir)が含まれています。ファビピラビル(Favipiravir)は、アビガン有効成分でもありますが、特許切れのため、各国でジェネリックの製造が行われています。

 現時点では価格未定ですが、2020年7月末までには、「Anviziram」が一般にも販売できる見通しとされています。

 Ramedaは、サウジアラビア、クウェート、イラク、イエメンから「Anviziram」の輸出要請を受けており、エジプト政府の承認が行われる必要があるとされています。

 エジプトで「Anviziram」が一般にも販売された後、その効果等が明らかになるかと思います。
posted by Auctor at 01:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする