2021年10月21日

カナダのオンタリオ州で配達員が企業のトイレを利用可能な法案を提出へ

 カナダのオンタリオ州政府が、宅配業者の配達員やオンラインデリバリーの配達員やトラック運転手等が商品の授受を行う事業所のトイレを利用可能にする法案を提出予定である事を発表しました。
 https://news.ontario.ca/en/release/1001006/ontario-improving-washroom-rights-for-truck-drivers-and-delivery-workers

 オンタリオ州労働力回復諮問委員会が実施した調査によると、オンラインデリバリープラットフォーム企業を含む宅配業者、トラック運転手、食品配達員は、サービスを提供する企業で洗面所の使用を拒否されることが多いと指摘されています。

 今回の発表は、パンデミックの際に必要な物資の運搬や経済活動を支えた労働者など、社会的弱者を保護・支援するための政府の広範な取り組みの一環とされています。

 日本ではとても考えられない事ですが、コロナウイルスの影響で、このような事まで、法律により保護しなければならない社会は、何か違和感を感じます。
posted by Auctor at 00:07 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする