2022年06月07日

英国で週休3日のプロジェクト開始

 英国が、週休3日の6か月のパイロットプログラムを開始しました。

 週休3日の6か月のパイロットプログラムは、賃金カットなしで、金融サービス業者からフィッシュアンドチップスのレストランまで、70社の3,300人の労働者が参加するものとなっています。

 労働者は、生産性の100%を維持することを約束する代わりに、通常の週の80%のみを勤務することで給与の100%を受け取ります。

 ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、ボストン大学の研究者と協力して、非営利団体の4 Day Week Global、Autonomyシンクタンク、4 DayWeekUKキャンペーンによって週休3日の6か月のパイロットプログラムが運営されます。

 政府が支援する週休3日のプロジェクトは、今年後半にスペインとスコットランドで開催される予定となっており、ポルトガルも労働者への不利益なしに週休3日のプロジェクト実施する予定としています。

 アラブ首長国連邦の国々では週休3日又は週休2日半になってから久しいですが、特に経済が停滞したというニュースは聞こえてきません。一方、過労死が問題視されている日本では、経済が停滞しているような気がします。
posted by Auctor at 01:05 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする