2022年10月21日

ケニアで電気公共交通バスの運行を開始

 Roam社が、ケニアのナイロビで、電気公共交通バスの運行を開始した事を発表しました。
 https://www.roammotors.com/post/the-first-ever-electric-mass-transit-bus-operation-in-kenya

 この1年間のプロジェクトは、信頼性が高く、持続可能で、効率的な最新の大量輸送ソリューションを提供することで、公共交通機関特有の課題に対処することを目的としており、近い将来、生産と運用の規模を拡大する予定としています。

 77人乗りの電気公共交通バスは、最高速度が時速70キロメートルで、2時間の充電で360キロメートル走行できるバッテリーパックを搭載しています。
 また、車いすや高齢者にも対応できるように、優先席を設けており、すべての人が利用しやすいように設計されています。

 Roam社は、電気公共交通バスの運賃は、より煙の多い競合他社の運賃に匹敵すると述べています。

 電気サファリカーやバイクも製造しているRoam社は、今後1年間で100台の電気バスを導入する予定としており、77人乗りのバスを補完する小型バスの設計にも着手しています。

 ケニアはエネルギーのほとんどを再生可能資源から調達しており、2030年までにCO2排出量を32%削減することを目指しています。

 遠くない未来に、アフリカから日本に電動バイクや電動バスが輸入される日が到来するかもしれません。

 


posted by Auctor at 01:04 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする