2021年08月31日

ニュージーランドのアドバイザリーボードがファイザー製ワクチン接種後の女性死亡例は副反応による心筋炎が原因との考え

 ニュージーランドのアドバイザリーボードであるThe COVID-19 Vaccine Independent Safety Monitoring Board (CV-ISMB) が、ファイザー製ワクチン接種後の女性死亡例は副反応による心筋炎と考えている事が、ニュージランドの保健省によって発表されました。
 https://www.health.govt.nz/news-media/media-releases/clinicians-reminded-be-aware-myocarditis-and-pericarditis-symptoms

 ニュージーランドのアドバイザリーボードであるThe COVID-19 Vaccine Independent Safety Monitoring Board (CV-ISMB) は、新型コロナウイルスワクチンおよび予防接種プログラムの一環として、保健省から独立したアドバイザリーボードとなっており、有害反応モニタリングセンターや保健省にアドバイスする立場を担っています。

 最近まで、ニュージーランドの有害反応モニタリングセンター(CARM: Centre for Adverse Reactions Monitoring)では、他にも新型コロナウイルスワクチン接種後による死亡事例がありましたが、全て新型コロナウイルスワクチン接種との関連はないと考えています。

 今回の新型コロナウイルスワクチン接種と関連しているかもしれない女性死亡例は、検視官による調査中のため、詳細は公表されていませんが、2021年8月30日付け保険省の記者会見にて、詳細が分かり次第公表する予定と述べました。

 新型コロナウイルスワクチン接種後による死亡事例は、世界各国で散見されており、どの国や地域でも新型コロナウイルスワクチン接種との関連はないとされています。

 新型コロナウイルスウイルスワクチンを接種するのは、新型コロナウイルス感染と心筋炎を含むワクチンの副作用の両方のリスクを大きく上回るとされています。

 今後、ニュージーランドで詳細が公表され、新型コロナウイルスウイルスワクチン接種後の死亡が、新型コロナウイルスワクチン接種と関連するとされた場合、各国の対応が気になるところです。
 尚、緊急承認された新型コロナウイルスウイルスワクチンによる被害は、新型コロナウイルスワクチン供給契約により、製造メーカーには賠償責任はありません。
posted by Auctor at 06:47 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。