2022年02月24日

2022年(令和4年)3月1日から観光目的以外の外国人の新規入国が可能へ

 厚生労働省が、「水際対策強化に係る新たな措置(27)」に関し、2022年2月25日午前10時00分より、ERFS(入国者フォローアップシステム)を利用した外国人の新規入国申請をオンラインで受付を開始する事を発表しました。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_24101.html

 新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置「水際対策強化に係る新たな措置(27)」により、観光目的以外の外国人の新規入国が可能となります。
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C017.html

 但し、外務省では、ロシアによる「ドネツク人民共和国」及び「ルハンスク人民共和国」の「独立」承認並びに両「共和国」との条約批准等を受けた制裁措置により、「ドネツク人民共和国」及び「ルハンスク人民共和国」関係者に対して、日本への入国査証の発給停止が発表されています。
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_005514_00001.html

 ウクライナ危機により、いくつかの国では、ウクライナからの避難民受け入れを発表しています。ロシアでは、ドネツク人民共和国(DPR: Donetsk People’s Republic)とルハンスク人民共和国(LPR: Luhansk People's Republic)の避難民を受け入れています。

 戦争により、一番の被害を受けるのは民間人であり、日本がウクライナ及び周辺地域/諸国からの避難民を受け入れるかどうかが気になるところです。

 
posted by Auctor at 21:41 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。