2022年06月10日

旅行業者等を受入責任者とする添乗員付きパッケージツアーによる外国人観光客の受入れを2022年6月10日より開始

 観光庁が、2022年(令和4年)6月10日以降の外国人観光客の受入れ開始に伴い、観光目的の入国のための手続きを公開しました。
 https://www.mlit.go.jp/kankocho/page03_000076.html

 2022年(令和4年)6月10日以降の外国人観光客の観光目的の新規入国については、日本国内に所在する旅行業者等が受入責任者となり、6月10日以降に新規でERFSのIDを取得する事となっています。

 外国人新規入国オンライン申請のためのログインID申請サイトには、チャットボットがあり、ERFSについて不明な点が確認し易くなっています。
 https://entry.hco.mhlw.go.jp/

 今後、多くの訪日観光客が見込まれるかと思いますが、サル痘(monkeypox )の対策準備を行わなくて良いか少々気になるところです。
posted by Auctor at 00:25 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。