2022年07月13日

日本の自動車運転免許証がポルトガルで有効に

 ポルトガルが、2022年7月12日から、ポルトガルへの入国後最初の185日間は、外国の運転免許証を公認する事を発表しました。
 https://dre.pt/dre/detalhe/decreto-lei/46-2022-185971761

 対象となる外国の運転免許証は、ポルトガル語圏共同体(CPLP: Community of Portuguese-Speaking Countries)と経済協力開発機構(OECD: Organization for Economic Cooperation and Development)の各国によって発行された自動車免許証となり、発行または最終更新から15年以上経過しておらず、所持者の年齢が60歳未満である場合となります。

 ポルトガルは、移動の自由は市民権の完全な行使に不可欠な要素であるため、ポルトガルは、観光目的の一時的な渡航、あるいは労働や投資のためにポルトガルに渡航する外国人の権利の強化に努めています。

 世界各国でスマートフォンに運転免許証が搭載される時代になれば、世界各国での移動の自由は広がってくるかもしれません。
posted by Auctor at 00:32 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。